住みながら不動産売却するメリットとは?デメリットや注意点もチェック!の画像

住みながら不動産売却するメリットとは?デメリットや注意点もチェック!

入居中のポイント

住みながら不動産売却するメリットとは?デメリットや注意点もチェック!

不動産の売却では、空き家にしてから売却する方法と住みながら売却する方法があります。
何らかの事情で住みながら売却を決めたいものの、住みながらでは売却がしにくいという話を耳にして心配されている方もいるのではないでしょうか。
今回は、不動産に住みながら売却するメリットや注意点を確認していきますので、ぜひ目を通してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産に住みながら売却を進めるメリット・デメリットは?

住みながら不動産の売却を進めるメリットは、費用が抑えられる点です。
マイホームなどの不動産を空き家にするには、先に新居を探して引っ越ししなければいけません。
たとえば賃貸物件に引っ越す場合、売却する不動産の固定資産税を支払い、さらに家賃も支払うことになり、そのうえ売却する不動産に住宅ローンが残っている場合は、住宅ローンの返済をしながら家賃を支払うことになります。
新居が持ち家の場合でも、それぞれにお金がかかるわけなので多くの資金が必要です。
一方、住みながら売却すれば、売却したお金を新居の購入や敷金・礼金、引っ越し費用などに充てることが可能であり、住んでいない家の固定資産税を売れるまで支払い続ける必要もありません。
つまり、費用を抑えて売却したいなら、住みながら売却するのは大いにメリットがあるわけです。
また、内覧のときにも空き家の状態よりもその家での生活をイメージしてもらいやすいため、購入希望者に物件の魅力を伝えやすいのもポイントです。
しかし、住んでいるからこそのデメリットもあります。
その家での生活をイメージしやすい、つまり生活感があることは、場合によってはデメリットにもなり得るのです。
あくまでも内覧の際はインテリアや清潔感に気を付けて、人に魅力を感じてもらえるような生活空間を演出するように心がけましょう。

住みながら不動産を売却する際の注意点

不動産を住みながら売却する注意点としては、内覧希望が入っていないときにも掃除や手入れを怠らないことです。
内覧は事前に予約をするのが基本ですが、急に内覧の予定が入ることがあります。
少しでも多くの方に内覧してもらったほうが売却は成功する可能性が高くなるため、いつでも内覧してもらえるように準備をしておきましょう。
また、内覧されることが多い休日は、スケジュールを空けておくようにしておかなければいけません。
内覧は売却のためには必須とも言えるステップであり、内覧に来られる方は大事なお客様であることを忘れないようにしましょう。
さらに、内覧の予定を入れつつも新居探しもしておくことを忘れずに。
せっかくスムーズに売却の話が進んだとき、新居がまだ決まっていないということがないようにしておくと良いでしょう。

まとめ

不動産を住みながら売却するメリットとデメリット、注意点をご紹介しました。
住みながら売却する方法は、空き家にしてから売却するより、売却期間は長くなるのが一般的です。
住みながらでもスムーズな不動産売却を目指したいなら、注意点も参考にして、内覧時により良い印象を持ってもらえるように工夫しましょう。


TUMUGU不動産株式会社は、富山市を中心に不動産業を営んでおります。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

富山賃貸Laboでは富山市の1LDK以上の賃貸物件を多くご案内いたしております。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”入居中のポイント”おすすめ記事

  • 和室のある賃貸物件を検討している方必見!賃貸物件の畳交換について解説の画像

    和室のある賃貸物件を検討している方必見!賃貸物件の畳交換について解説

  • ペット可賃貸物件での原状回復費用は誰が負担する?特約についても解説!の画像

    ペット可賃貸物件での原状回復費用は誰が負担する?特約についても解説!

  • マイホームの床をリフォーム!床材の種類とそれぞれのメリットの画像

    マイホームの床をリフォーム!床材の種類とそれぞれのメリット

  • 不動産買取とは?その方法とメリットをご紹介の画像

    不動産買取とは?その方法とメリットをご紹介

  • 空き家対策はどうしたら良い?貸す方法と売る方法のご紹介の画像

    空き家対策はどうしたら良い?貸す方法と売る方法のご紹介

もっと見る