親子リレー住宅ローンの仕組みとメリットとは?注意点もご紹介の画像

親子リレー住宅ローンの仕組みとメリットとは?注意点もご紹介

入居前の基礎知識

親子リレー住宅ローンの仕組みとメリットとは?注意点もご紹介

マイホーム購入でローンの問題を抱えている人もいるでしょう。
審査に通らない、借入金額が足りないなどの問題があるなら、親子リレー住宅ローンの利用がおすすめです。
どのような仕組みで注意点はあるのか詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

親子リレー住宅ローンの仕組みとは?

二世代にわたってローンを返済する意味があるのが親子リレー住宅ローンです。
「親子」という名前が付いていますが、必ずしも親と子が利用するわけではありません。
親族同士でローンを組むことが可能で、親と子の配偶者、または親と孫が利用する場合もあります。
具体的な要件は金融機関により異なりますが、同居中や同居予定の親子が多いようです。
また、借り入れ時に親の年齢が満70歳未満、完済時に子の年齢が満80歳未満であることが条件となっています。
親子で利用するローンの仕組みとは、親世代が支払ってから子の世代に引き継ぐことです。
両方が同時に支払うのではなく、最初はどちらか一方が支払いをしてから、もう片方に支払いを引き継いでもらいます。
たとえば、中高年で長期のローンが組めない親世代と、職歴が短くローンの審査に不安がある子世帯が一緒に組む方法などです。
親子リレーローンを提供する金融機関は、民間金融機関の商品とフラット35などがあります。

親子リレー住宅ローンのメリット

親族で住宅ローンを組むと、複数のメリットがあります。
借入金額が増えやすい、返済期間が長くなる、親子で住宅ローン控除が使えるなどです。
親子リレーローンは二世代にわたって返済するため、単独での契約と比べて借入金額や返済期間が長くなります。
たとえば、定年の近い親世代がローンを組むとなると、短期間のローンしか組めません。
そこで親子で組むローンにすれば、子世帯も加わるため最大35年ローンを組むことができるでしょう。
借入金額が増額される理由は、二世帯の収入を合算した借入金額となるからです。
また、住宅ローン控除は親と子世帯の持ち分が対象となります。
節税効果が高い世帯の持ち分を多くして、住宅ローン控除をお得に使えるメリットもあるでしょう。

親子リレー住宅ローンを利用する注意点

多数のメリットがある親子住宅リレーローンですが、注意点もあります。
注意点としては、相続時のトラブルや親が途中で亡くなった場合です。
親子リレーローンの名義が子のみとなっていると、みなし贈与となる恐れがあります。
みなし贈与となれば贈与税が発生するため注意してください。
また、親子リレーローンの物件は相続の対象となるため、相続人が複数いる場合はトラブルにならない対策が必要です。
他にも、親が途中で亡くなった場合には、団体信用生命保険に加入していなければ、残債をそのまま引き継ぐことになるので念頭に置いておく必要があります。

まとめ

二世代で住宅購入を考えているなら、親子リレー住宅ローンの利用がいいでしょう。
高齢でローンが組めない両親でも、子が引き継ぐ方法なら組むことができます。
借入金額も高くなるため、住宅購入資金に余裕が出やすいでしょう。
TUMUGU不動産株式会社は、富山市を中心に不動産業を営んでおります。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

富山市で1LDK以上の賃貸物件をお探しなら富山賃貸Laboへご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”入居前の基礎知識”おすすめ記事

  • 賃貸物件の定期借家契約とはどんな契約?メリットやデメリットも紹介の画像

    賃貸物件の定期借家契約とはどんな契約?メリットやデメリットも紹介

  • 24時間ゴミ出しができる賃貸物件のメリットとデメリットとは?の画像

    24時間ゴミ出しができる賃貸物件のメリットとデメリットとは?

  • 賃貸物件のオール電化とは?電気代をガスと比較してご紹介の画像

    賃貸物件のオール電化とは?電気代をガスと比較してご紹介

  • 賃貸物件のウォークインクローゼットとは?メリットや収納アイデアをご紹介の画像

    賃貸物件のウォークインクローゼットとは?メリットや収納アイデアをご紹介

  • 賃貸物件でカードキーがあるメリットと注意点とは?の画像

    賃貸物件でカードキーがあるメリットと注意点とは?

  • シャワーのみの賃貸物件に向いている方は?メリット・デメリットも解説!の画像

    シャワーのみの賃貸物件に向いている方は?メリット・デメリットも解説!

もっと見る